帽子

【おでこに帽子の跡がつく…】もう悩まなくてOK!正しい対処法「3選」

帽子は必需品

夏の強い日差しの下に出るときは、日焼けが気になりますよね。紫外線はシミのもとにもなりますし、予防のために『帽子をかぶる』という人も少なくありません。

でも、外出先で「ちょっと涼もうかな…」とお店に入って帽子を取ったら、おでこに跡がクッキリ!なんてことも…。あなたはそんな経験ありませんか?

お店の中で帽子を取らないのはマナー違反だし、でも恥ずかしいし…と困ってしまいますよね。

まみ
どうして帽子をかぶると、おでこに跡がついてしまうの?
つい周りの目が気になってしまいますよね。でも対処法はあるんですよ。
美容専門家

どうせ帽子をかぶるなら、跡がつくのを気にせずおしゃれを楽しみたいですよね。

この記事では、帽子でおでこに跡がつく原因や対処法についてご紹介します

【原因】おでこに帽子の跡がつくのはなぜ?

跡がついて恥ずかしい

夏の日差しからお肌を守るためにも帽子はかぶりたいけど、おでこに跡がつくのはイヤ。そんな人はどうすれば良いのでしょうか?

おでこに跡がつく原因は主に2つあります。

原因2つ

  • サイズがぴったりすぎてキツイ…
  • なんだか顔がむくんでる…

心当たりがある方もいるかも知れませんね。一つずつ見ていきましょう。

サイズがぴったりすぎてキツイ…

夏は海や山でのアウトドアも楽しみのひとつですよね。そんな時に帽子は必需品ですが、風で飛ばされないようにとぴったりしたものをかぶっていませんか?

または通信販売で買ってみたらきつかった…なんてこともあるかも知れません。サイズがぴったりすぎると跡がつく原因になってしまうかも

おでこにクッキリ跡がついてしまうと人前で帽子がぬげなかったり、喫茶店やレストランに入るのも躊躇してしまいます。出来ればそんな経験はしたくないものですね。

顔がむくんでいる

おでこに跡がつきやすい人は、顔がむくんでいる可能性も。むくむのは血流やリンパの流れが悪くなったり、たんぱく質やビタミンなどの栄養不足だったりという原因から

たんぱく質が不足気味になると、血中のタンパク濃度を一定に保とうと自律神経が働きます。そうすると血液中の水分が血管外に出てしまいむくみに…。

加齢によるハリ不足なども考えられますが塩分の摂り過ぎなどの要因も。普段から顔がむくまないようにケアするのも大切ですね。

引用

通常体の中の水分バランスは一定に保たれているのですが、何らかの原因により水分バランスをうまく保てなくなると細胞間に余分な水分が溜まり、むくみが生じます。
また、ストレスや寝不足により自律神経が乱れ、血行が悪くなってしまうことでむくむこともあります。

引用元:EPARK

【対処法】おでこに帽子の跡がつかないようにするには?

帽子を楽しむ

帽子の跡がおでこにつかないようにするための対処法として以下の3つが挙げられます

対処法3つ

  • サイズに余裕のあるものを使う
  • 顔のむくみケアをする
  • 柔らかい素材のものを選ぶ

どうすれば帽子の跡がおでこにつくことを防げるのか具体的に見て行きましょう。対処法がわかれば恥ずかしい思いをすることはなくなりますね。

サイズに余裕のある物を使う

帽子を買うときは少し余裕のあるものを選ぶようにするために試着するようにしましょう。おでこにぴったりと張り付くような帽子は避けたいものです。

また隙間に余裕があることで、たとえばバンダナを下に巻いてみたり前髪をクッションにするなどの工夫も出来ますよね。そんな方法でもおでこに跡がつくのを防ぐことは可能です。

暑くて喉が渇いたからカフェに入りたいけど、帽子がぬげない…なんて事態はぜったい避けたい! せっかくの外出、気兼ねなく楽しみたいですよね。

顔のむくみケアをする

顔のむくみケアの方法はいくつかありますが、リンパマッサージやビタミン群などの栄養摂取が効果的。リンパマッサージで顔の老廃物を流す方法や、ビタミンB1・E・Cを摂取するのもむくみ対策にはおすすめです。

とくにビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変えるときの潤滑油の働きも。ビタミンB1が欠乏するとたんぱく質の合成がスムーズにできなくなります。

水に溶けやすい性質があり汗や尿と一緒に体外へ出てしまってタンパク質が不足気味に…。食事などで上手に栄養素を取り入れられるといいですね。

柔らかい素材のものを選ぶ

帽子のサイズも大事ですが、柔らかい素材ののにするのもアリですね。どうしても固い素材の帽子は長時間かぶっていると、お肌の負担になることも。

それが帽子の跡がおでこにつく原因にもなるので気を付けましょう。やはり、かぶり心地を確認するためにも、なるべく試着して購入するようしたいものですね。

素材によってはおでこへの当たりがふんわりしているものもありますし、おしゃれなものが沢山あるので色々探してみてはいかがでしょうか?

まみ
もっと簡単な方法はないのかな?
日焼け止め対策という観点でいうなら、気軽に取り入れられて楽な方法がありますよ
美容専門家

【根本解決】日焼け止めサプリでしっかりガード!

日焼け止めサプリ

そこまでして帽子をかぶるのは…とお考えのあなた。そんなあなたには『日焼け止めサプリ』がおすすめです。『飲む日焼け止め』で、身体の中から紫外線対策ができます。

「肌の老化現象の80%以上の原因」と言われるほど、紫外線はお肌にとって大敵です。数年後のシミに繋がらないように、ケアは怠らないようにしましょう。

紫外線は、強弱はあれど1年じゅう降り注いでいます。身体の中からもしっかり対策をして、若々しくありたいものですね。

そうすれば何歳になってもプルプルお肌を保てて、メイクやおしゃれをするのが楽しくなりますよ♪

わたしの体験談

わたしの体験談

「美容クリニック通いを疑われました…」外出前のたったひと工夫で真夏の紫外線に打ち勝った奇跡…

-帽子

© 2021 本気の日焼け対策 Powered by AFFINGER5